specer
title_top
image line 帰宅してほっと息つく安らぎの家
岐阜県産の杉や桧の無垢材をたっぷり使いました。リビングの中央に
大きな無垢のテーブルを置いて、休みの日はのんびりとお茶や読書を
楽しんでいます。コレクションの陶器がたくさん収納できるように工夫しました。
大きな吹き抜けで家全体が明るくて風とおしもいいです。

【写真集はこちら】
line2
岐阜県
line2

●「雨楽な家」と出合ったきっかけは?
私たちは柳ヶ瀬で割烹店を営んで35年になります。たまたまリックの鈴木さんが私の店にお客
さんとして来られてカウンター越しに話がはずみ、仕事の話題になったのがきっかけでした。

●カウンター越しに雨楽と出合ったわけですね?
「私は『雨楽な家』を広めています」と鈴木さんがポケットから取り出した広告チラシの写真
を見て、私は一目で惚れ込みました。桧のカウンター越しに桧の家づくり談義のはじまりです。

●家づくりに向けてどのような思いでしたか?
古い街並みに建つ土壁の家を建替えようと考えていました。私の趣味は陶器のコレクション、
妻は着物にこっています。私は「モダンな和風の家を建てたいです」と鈴木さんに伝えました。

●住まいのお気に入りのスポットは?
土間とリビングに大きな吹き抜けがあって2階から光が降ってきます。土間の隣は、陶器のコ
レクションを並べるミニギャラリーで、漆喰の白い壁を背景にすると陶器が引き立ちますよ。

●これから楽しみたいことは?
一日の仕事を終え、妻と二人でこの家に帰ってきて、ほっと息をつけるひとときが何よりです。
理想の住まいを建てたので、仕事にも趣味にもますます磨きをかけたいと思っています。




sumu_re sumu_forlist sumu_next



「雨楽な家」は(株)リックが推進するブランド住宅です。 制作・著作:(株)リック一級建築士事務所 〒733-0863 広島市西区草津南3-7-21 RICビル
掲載中の文章・写真・図表の無断転載を一切禁じます。 リンクを貼る場合は事前にご一報ください。 Copyright@2008 ric Inc.All rights reserved.
specer
under_ber