雨楽な家
 
雨楽な家 facebook雨楽な家 instagram    
HOME プライバシーポリシー リックのご案内
 株式会社リック
雨楽な家コンセプト 雨楽な家に住んでみて もっと知りたい雨楽 建築事例
会員工務店一覧 書籍・ビデオ・DVD 資料請求・お問い合わせ 会員工務店募集
specer
もっと知りたい雨楽
「雨楽な家」には自然と仲よく暮らしたいという思いが込められています。工場で生産され現場に据え付けるだけの家もありますが、住まいには本物の自然素材を使い職人の手仕事で造りたい。「雨楽な家」に込められた熱い思いを綴りました。
「雨楽な家」で伝えたいもの
「雨楽な家」は(株)リックが開発し推進するブランド住宅です。本物の無垢の木と自然素材でつくる木造軸組の家を、若い世代の人々に手の届く価格で提供し、日本人の美意識や伝統文化を次代に伝えたい。そんな思いが知恵と工夫を生み省コストな木の家を実現しました。住宅こそ職人の手仕事の復活を。国産材を活用し林業の活性化と環境の保全を。化学物質をできる限り排除し自然素材で健康な住まいを。これが日本の家だよと世界に誇れる家づくりを次代に伝えていくのが私たちの使命です。
「雨楽な家・笑」とは
本物の材料を使い、職人の手仕事を生かした木の家とはいえ、コストが上がっては何にもなりません。"本物の木の家を若い人に手の届く価格で"が「雨楽な家」の基本理念です。
柱も梁も床板も本物の桧や杉ですが、一等材という節は合っても強さは変わらない材料を選びました。職人の手仕事といっても手の込んだ高級な手仕事ではなく素材感を生かしたものです。無駄をそぎ落としたあとに残る本質。引き算の美学。心地よい統一感にあるシンプルモダンなデザインは、省コストにも貢献しているのです。
スケッチ提案でわかりやすく
心づくし提案で感動の家づくりを進めます。設計力+素材力+施工力が一丸となり、建主の家づくりの思いや個性をデザインします。理想の住まいをつくるには、建主と設計者の信頼関係が何より大切です。まずはじめに、今の住まいの不満点を見直し、家族の生活パターンを分析し、新居の夢を話し合いましょう。心のキャンバスに描かれた住まいの夢をありのままに伝えてください。こだわる空間は?家族の休日の過ごし方は?家づくりの夢を熟成させて、設計のプロがベストプランを提案します。
「雨楽な家」ネーミングの由来
雨だけでなく太陽も風も空気も木も土も石も水も、すべてかけがえのない自然の恵み。自然に感謝し自然の現象を楽しみながら暮らしたいという願いを名前に託しました。「うらく」にはもうひとつの思いが込められています。織田信長の弟に織田有楽(うらく)という武将がいます。有楽は千利休の弟子として名高い茶人でした。有楽の残した茶室「如庵」(国宝)は日本人の美意識を表わしています。「雨楽な家」には茶の湯に通じる日本の伝統、文化、美意識を次代に伝えたいという思いが込められています。
国産材をもっと活用しよう
日本は国土の3分の2が森林で半世紀前まで林業が栄えました。しかし約40年前から安価な外国産木材が輸入されるようになり林業は衰退。今では輸入材が8割を占め、後継者は山を降りました。杉や桧の人工林は下草を刈り枝を打ち間伐しなければ育ちません。人工林を放置すれば森林の破壊が広がり、山は保水力を失い鉄砲水が流出し、土壌は荒れ田畑も漁場も荒廃します。いま私たちにできることは、国産材を有効活用することです。伐採の適齢期を迎えた大量の杉や桧が私たちを待っています。 日本の木材自給率 図
子どもの感性を伸ばす家づくり
五感(見る・聴く・嗅ぐ・触れる・味わう)に多くの刺激を受けることで、子どもは感性豊かに育ちます。「雨楽な家」の床や柱は無垢の桧材、壁は漆喰塗りや和紙貼り。すべて本物の自然素材です。素足で桧の床を歩いたりハイハイすると、気持ちよく感じ皮膚感覚を鍛え運動能力も高められます。畳、床板、障子紙など本物のテクスチャーに触れる暮らしは、知らず知らずのうちに子どもの感性を伸ばします。子どもにとって脳を刺激し身体や心を育てるために、住宅の素材はおとな以上に重要なのです。
大空間においしい空気いっぱい
「雨楽な家」の室内は、化学物質とは無縁の自然素材ですからマイナスイオンがいっぱい。静電気が発生しないため、ホコリがつきにくいのも特長です。無垢の木、漆喰、和紙などの自然素材は吸放湿性が高いので、梅雨どきは湿気を吸いとり、冬は湿気を補ってくれてさわやかな室内環境を保ちます。室内の建具は昔ながらの引き戸。掃き出し窓を2階にも多用しているので風通しや換気に優れています。間仕切り壁は最小限なので、建具をあければ開放的な大空間。空気のおいしい気持ちいい室内です。
「木が笑う」自然素材と暮らすには
自然素材の家にも弱点があります。無垢の木は乾燥した材でも多少の割れ、そり、ゆがみがきます。漆喰壁は乾燥すると収縮してひびが入り、柱との間にすきまができます。人が大笑いするのを「破顔する」といい、転じて果実が熟れて口を開くことや、無垢材の柱や梁に割れが入ることを「笑みがはいる」といいます。自然のなりゆきを受け入れる豊かな心。心地よく古びてゆくものを大切にする心は日本人の美意識です。自然素材と暮らすには広い心で接し、いつも目をかけ手を入れる覚悟が必要です。
 
「雨楽な家」は(株)リックの登録商標です。 制作・著作:(株)リック一級建築士事務所 〒733-0863 広島市西区草津南3-7-21 RICビル
掲載中の文章・写真・図表の無断転載を一切禁じます。 リンクを貼る場合は事前にご一報ください。 Copyright@2008 ric Inc.All rights reserved.


under_ber

| 「雨楽な家」コンセプト | 「雨楽な家」に住んでみて | もっと知りたい雨楽 | 建築事例 | 自然素材 | 「雨楽な家」ブログ |
| 会員工務店一覧 | 書籍・ビデオ・DVD | 資料請求・お問い合せ | 会員工務店募集 | モデルハウスのご案内 | 丸山景右のブログ |