雨楽な家について concept

ネーミングの由来

− 自然と仲良く暮らしたい −

「雨楽な家(うらくないえ)」には自然と仲良く暮らしたいという想いが込められています。雨だけでなく、太陽・風・空気・木・土・石・水、すべてかけがえのない自然の恵み。そんな自然に感謝し、自然の現象を楽しみながら暮らしたいという願いを「雨楽な家」という名前に託しました。

− 文化、美意識の継承 −

「うらく」にはもう1つ込められた想いがあります。織田信長の弟に織田有楽(うらく)という武将がいます。千利休の弟子として名高い茶人でもあった有楽の残した茶室「如庵」は日本人の美意識が表されています。茶の湯に通じる日本の伝統、文化、美意識を次代に伝えたいという想いも「うらくないえ」という名前に込められているのです。

職人の匠の技を感じる住まい

工場で生産され現場に据え付けるだけの家もありますが、人が育ち心を休める家は職人の手仕事でつくりたい。心とカラダの癒しの場である住まいが、味気ない工業製品ばかりでつくられるのは何か寂しいです。大工・左官・瓦職人・建具職人など、日本の伝統文化をになう職人の技が生かされた家がいい。エネルギーを秘めた本物の素材と「すぐやろ工務店会」の職人の手仕事が豊かな住空間をつくります。

本物の木の家を手の届く価格で

本物の材料を使い、職人の手仕事を生かした木の家とはいえコストが上がっては何にもなりません。"本物の木の家を若い人に手の届く価格で"が「雨楽な家」の基本理念です。柱も梁も床板も本物の桧や杉ですが、一等材という節はあっても強さは変わらない材料を選びました。職人の手仕事といっても手の込んだ高級な手仕事ではなく素材感を生かしたものです。無駄をそぎ落としたあとに残る本質。引き算の美学。心地よい統一感のあるシンプルモダンなデザインは省コストにも貢献しているのです。

もっと知りたい「雨楽な家」

Movie

● 雨楽な家 推進本部

株式会社 リック 1級建築士事務所

〒733-0863 広島県広島市西区草津南3-7-21 RICビル

TEL.082-276-5555 FAX.082-276-5500 【 HP 】

「雨楽な家」は(株)リックの登録商標です。 掲載中の文章・写真・図表の無断転載を一切禁じます。 Copyright@2008 ric Inc.All rights reserved.

雨楽な家について concept